3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン

  1. ホーム
  2. メンズ
  3. トップス
  4. カーディガン
3300円 安心の実績 高価 買取 強化中 3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン

ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン

3300円
名作 1950s RUGBY WOOL CARDIGAN お得最安値-hobiliga.mk 超激安 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン ストールカーディガンあれこれ。 - ATTACHMENT NIIGATA ブログ 予想通りの働き。かざせば開き、しばらくすると閉じる。きて二日なので、耐久性は追記予定 Youtubeなどで絶賛されていたので購入しましたが、普段使っている660円5枚入りのマイクロファイバーの方がよく汚れが落ちます。こんなに大したことないのか?とガッカリしました。レビューで書かれている臭いはなく無臭だと思います。色はほぼ真っ白でゴワゴワしています。この後にYoutubeなどで絶賛されているキョンセームとはまったく異なることを知りました。 生地がしっかりしていてチャックもありしめられるので良かったです。 AC01-225-khaki-gray - High gauge smooth silket Long stall cardigan Khaki 歩き仕事をしているものですが、汗による股ずれがひどくていろいろ試してこれに行きつきました。今までカンタベリーのショーツ等々試した中でこれが一番マシでした。クリームを少し塗れば完璧です。動き回るせいもありますが、普通のパンツよりは擦り切れが早い気がします。それを差し引いてもよかったので、リピしました。 ストールコートカーディガン【アタッチメント,attachment】 3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン 白の文字がいらないかも、小さくするか、目立たない(グレー)色がいいかも。
早い者勝ち‼️激安!最終お値引きトッカコート☆女の子コート☆トッカ☆tocca 専用 sorm86 パーフェクトドレスシャツPDSアーセンス
N 2Aメンズ ミリタリージャケット ジャケット/アウター 3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
sotokotobuki 5
予想通りの働き。かざせば開き、しばらくすると閉じる。きて二日なので、耐久性は追記予定

3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
エミ 5
生地がしっかりしていてチャックもありしめられるので良かったです。

masapolin 3
Youtubeなどで絶賛されていたので購入しましたが、普段使っている660円5枚入りのマイクロファイバーの方がよく汚れが落ちます。こんなに大したことないのか?とガッカリしました。レビューで書かれている臭いはなく無臭だと思います。色はほぼ真っ白でゴワゴワしています。この後にYoutubeなどで絶賛されているキョンセームとはまったく異なることを知りました。

3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
wakka_masa 4
白の文字がいらないかも、小さくするか、目立たない(グレー)色がいいかも。

3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
ネクロニカ普及しろ! 5
歩き仕事をしているものですが、汗による股ずれがひどくていろいろ試してこれに行きつきました。今までカンタベリーのショーツ等々試した中でこれが一番マシでした。クリームを少し塗れば完璧です。動き回るせいもありますが、普通のパンツよりは擦り切れが早い気がします。それを差し引いてもよかったので、リピしました。

3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン

3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン

商品の状態目立った傷や汚れなし
商品のサイズS
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域福岡県
発送までの日数2~3日で発送






【ブランド】KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT / カズユキクマガイ アタッチメント 【アイテム名】 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン 【カラー】black 【素材】cotton 【サイズ】1 実寸 肩幅41 身幅49 着丈79.5(襟下から) 袖丈65.5(袖山から袖下まで) 【製造国】日本製 【状態】中古 目立つ傷汚れなし price ¥25,300- 【KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT】 KAZUYUKI KUMAGAIのスタンダードなアイテムで、 根強い人気のため毎シーズン継続して展開しているストールジャケットを デザインベースにし着丈を若干長くしております。 デザインはKAZUYUKI KUMAGAIらしい独特のパターン、ドレープ感など羽織るだけで雰囲気が出ます。 カットソー素材のカーディガンのような感覚でスタイリングでき 無地物のインナーから柄物のアイテムまで幅広く合わせることができるので必ず重宝致します。 旅行先などで1枚持っていると非常に便利。 多色購入される方が多く、何枚持っていても使えるおすすめのアイテムです。 アタッチメントの定番人気の一枚です。お好きな方に是非。 アーカイブ ALLEGE アレッジ AURALEE オーラリー bukht ブフト COMOLI コモリ crepuscule クレプスキュール DIGAWEL ディガウェル kolor カラー Mr.gentleman ミスタージェントルマン Name. ネーム N.HOOLYWOOD エヌハリウッド Needles ニードルズ Paul smith ポールスミス PHINGERIN フィンガリン sacai サカイ unused アンユーズド ノンネイティブ ネペンテス ガーメンツ URU ウル ホワイトマウンテニアリング ジャケット コート ニット アウター アノラック VEIN カラー···ブラック 袖丈···長袖 季節感···春、秋、冬

3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン

2818.今日の植物(2301):ディクティオスペルマ

  今日の植物は、ディクティオスペルマといいます。引き続きヤシ科の植物です。

 ディクティオスペルマは、ヤシ科 Dictyosperma属(ディクティオスペルマ属)の植物で、この属に分類される種は変種も含めて2種(あるいは3種)だけという小さな植物群です。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は、インド洋のMascarene 諸島(モーリシャス、レユニオン、ロドリンゲス島)の海岸に分布しているということです。
 英語名をprincess palm(王女ヤシ)とか hurricane palm(ハリケーンヤシ)。ハリケーンの方は、このヤシが嵐に遭うと葉を落として強風に耐えることができるところから来ているのだそうです。

 Dictyosperma albumという種は熱帯地域で広く栽培されているのだそうですが、元々の自生地では個体数を減らして絶滅が危惧されるという状態にあるようです。

 写真です。これもネットから借用しています。

ディクティオスペルマ・アルブム Dictyosperma album

        

 切手です。

ディクティオスペルマ・アルブムの変種 Dictyosperma album var. conjugatum

    
2005年 モーリシャス発行(Round Islandの動植物)
 ●Round Island(ロンド島)はモーリシャスの北にある小さな島ですが、この島にしかいない爬虫類がいて島全体が立ち入り禁止区域とされてその保護が行われているのだそうです。
 ●一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑
 ハリケーンヤシという名前が表記されています。ほかにアロエの一種と蛇および鳥を描いた切手がセットになっています。

スポンサーサイト



2817.今日の植物(2300):シャンベイロニア

  今日の植物は、シャンベイロニアといいます。前回に続いてヤシ科の未登場植物で、これからもちょっとの間ヤシ科の植物が登場する予定です。

 シャンベイロニアは、ヤシ科 Chambeyronia 属(シャンベイロニア属)の植物で、The Plant Listの情報では、この属に分類される種は2種しかないという極めて小さな植物群です。

 ウイキペディアの情報によりますと、Chambeyronia 属の植物は2種ともニューカレドニアに固有の植物だということです。

 同じウイキペディア情報では、切手に描かれているChambeyronia macrocarpa種は普通red leaf palm(赤い葉のヤシ)とかflamethrower palm(炎を投げるヤシ?)と呼ばれているのだそうです。いずれも、赤い葉から来ているのだと思われます。
 この種を販売しているサイトの情報では、「明るい赤色の新葉を持ち、育てやすい魅力的なヤシ。葉の赤色は約10日を維持される」のだそうです。

 この属名の発音はシャンベイロニアとしました。植物の学名に出てくる「cha」の発音には迷わされます。「チャ」「シャ」「カ」のどれかだと思われますが、今回はフランス領のニューカレドニア固有の植物ということで、フランス風の発音にしました。間違っているかも・・・

 写真です。これもネットから借用です。

シャンベイロニア・マクロカルパ Chambeyronia macrocarpa

        

 切手です。やはり原産地のニューカレドニアから発行されていました。

シャンベイロニア・マクロカルパ Chambeyronia macrocarpa

    
1994年 仏領ニューカレドニア発行(花)
 ●ニューカレドニアからは原産の植物を描いた切手がたくさん発行されています。この切手はこの1種類だけの発行だったようです。

2816.今日の植物(2299):チャボトウジュロ

  今日の植物は、チャボトウジュロと言います。今日から未登場の植物はヤシ科に移りました。

 チャボトウジュロはヤシ科 Chamaerops 属(チャボトウジュロ属)の植物で、この属に分類される種は、The Plant Listでは切手に描かれているChamaerops humilis種とその変種1種だけとされています。ウイキペディアでは変種が3種だとされていますが、いずれにしても小さな植物群だということになります。

 ウイキペディアによりますと、そのChamaerops humilis種は、European fan palm(ヨーロッパの扇ヤシ)とかMediterranean dwarf palm(地中海の小型ヤシ)とも呼ばれ最も耐寒性の強いヤシの一つです。
 またChamaerops humilis種は珍しくヨーロッパ原産のヤシで、他にはPhoenix theophrasti(ヤシ科ナツメヤシ属という種があるだけだそうです。ヨーロッパ南西部のスペイン、ポルトガルからフランス、イタリアなどの海岸に分布し、さらにはモロッコ、アルジェリア、チュニジアといったアフリカ北西部にも分布しているようです。
 摂氏マイナス12度までの耐乾性があり、そのようなことから世界中で鑑賞用、景観用に栽培されています。
 また、火災に遭った場合にも、地下茎や幹から再度発芽し再生能力が高いことも知られており、その葉は籠などを作る材料としても利用されるなど有用な植物のようです。果実は苦いものだそうで、伝統的な医薬にも使われるという情報もありました。

 チャボトウジュロは、漢字で書くと「矮鶏唐棕櫚」となります。同じヤシ科にトウジュロという植物があるのですが、なぜチャボなのかはわかりませんでした。

 写真です。これもネットから借用しています。

チャボトウジュロ Chamaerops humilis

        
 ●写真中は雌花、右は雄花です。

 切手です。

チャボトウジュロ Chamaerops humilis

    
1997年 英領アセンション島発行(Hong Kong STAMPEX 1997)

 ●一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑

2815.今日の植物(2298):ウイルキエア

  今日の植物は、ウイルキエアと言います。前回に続いてモニミア科の植物です。

 ウイルキエアは、モニミア科 Wilkiea 属(ウイルキエア属)の植物で、The Plant Listによれば8つの種があるという小さな植物群です。(このThe Plant Listは時々使えなくなることがあって困るのですが、現在は機能しております)

 ウイキペディアの情報によりますと、Wilkiea 属の植物は、雌雄異株の木もしくは草本で、オーストラリアやニューギニアで見られるということです。

 ウイキペディアには、Wilkiea huegelianaという種に関する情報がありました。
 それによりますと、この種のもともとの分布域はニューサウスウェールズ州の南東部のDromedary山からクイーンズランド州の南東部Maryboroughと至る地域(オーストラリアの東部に当たります)で、熱帯雨林の下層部を構成しているということです。火山性の地質を好むのだと記されていました。

 雌雄どちらにも黄緑色の花をつけ、アザミウマという昆虫によって花粉を運ばれるのだそうです。このアザミウマという昆虫、全く馴染みがないのですが、これもウイキペディアで調べてみますと、体長1ミリ以下といいますから小さな昆虫で、植物の汁を吸い害虫とみなされているようです。そんな昆虫が花粉を媒介もするというのも面白いです。

 写真です。ネットから借用しています。

ウイルキエア・フエゲリアナ Wilkiea huegeliana

        

 切手です。

ウイルキエア属の一種 Wilkiea sp.

    
1983年 オーストラリア発行(普通切手)
 ●一緒に発行されたセットはこちらです。⇒切手植物図鑑
 ●セットは蝶や蛾を描いた切手なのですが、そのバックに植物が描かれています。切手には、その植物の名前は記されていないのですが、ATA(American Topical Association)という団体が、そこに描かれた植物の名前を記したデータ集を発行してくれています。この切手については属名だけですが、描かれた植物について情報を得ることができるのは誠にありがたいことです。

2814.今日の植物(2297):ペウムス

  今日の植物は、ペウムスと言います。未登場の属はモニミア科に移ってきました。

 ペウムスは、モニミア科 Peumus属(ペウムス属)の植物で、この属に分類される種は切手に描かれているPeumus boldus種の1種だけという、1属1種の植物です。

 そのPeumus boldusは、チリの中央部南緯33から40度の地域に固有の植物だということです。ヨーロッパや北アフリカに持ち込まれたこともあるようですが、植物園で栽培されている以外にはあまり見かけることがないのだそうです。

 この種は、ラテンアメリカではboldoと呼ばれているということです。しかしその名前で呼ばれることにより、Plectranthus ornatus(英語名はfake boldo:偽のボルド)という別の植物と混同されるようになったのだそうです。そのために、両方の種の利用方法や特性、さらには毒性について混同が生じたということです。

 本日のPeumus boldus種は、南米では広くYerba mateと呼ばれる植物(お茶として飲まれているようです)と混ぜることによりその香りを和らげるのに使われるということです。また民間の薬用植物として利用されたり、使用法によると毒性を有するということもあるようです。
 そのようなところで、「偽のボルド」と混同されることがあるということのようです。

 写真です。ネットから借用しています。

ボルド Peumus boldus

        

 切手です。原産地のチリから発行されていました。

ボルド Peumus boldus

    
1940年 チリ発行(普通切手)

●この切手と一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アカリア科 (1) 3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
3300円 話題の人気 ATTACHMENT 18ss ハイゲージスムース ロングカーディガン
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
車のルーフライニングを留めているクリップが弱くカパカパになってしまったので購入。ルーフライニングはアイボリーの為、色が合わないのでアイボリーに塗装して装着。しっかりとまりました。表面にシボ模様が入っています。
5 - "2" by, に書かれています
気に入っている点:値段が安いわりに高級感もある。気に入らない点:三脚穴が一応付いているが、飾りのようなもので、三脚穴を利用するたびにケースごと外れたり、奥まで差し込めなかったりとほぼ使えないと思った方がいい。三脚穴を使わない人にとっては最高だと思いますが、三脚穴を利用する人はお勧めできません。
3 - "3" by, に書かれています
思い切って3本レンズセットを購入してしまいました。(1本づつ購入するより4900円くらいお得)(笑)カメラはFUJI X-E4、x-Pro3カメラにマニュアルレンズで撮影したかった。マニュアルレンズの購入は写真をやり始めた35年ぶりの購入。今まで便利なAF任せで写真を撮影してきましたが、マニュアルレンズは撮っている感もの凄いですね。上位機種X-Pro3が欲しくなるのも理解できます。しかし、良いことばかりでは有りません!レンズ内チリが多く、50mm前玉の裏側は拭き取りムラの様な模様?この雑な作りがホンワカボケになっているのかも。レンズ経が大きいほど磨きの雑さが目立ちます。17mm、35mmはさほど汚れは目立ちませんがチリは入っています。(おまけ?)レンズってこんなに銅鏡内にチリホコリがあっても綺麗に写るものなのですね。皆さんこの価格の安さで妥協していると思います、私もその一人です。化粧箱は3本共に立派です、確かに味のあるレンズと評判通りですね。35mmの写りもヤバイくらいキレキレです。ニコンZfc用も買ってしまいそうな勢い。とにかくこの手のカメラにはうってつけのレンズですね。
5 - "4" by, に書かれています
説明書通りに作業すれば簡単に取り付けられます。ただ内張りを剥がしたりする時に内張り剥がし用の工具は必要になるので別途購入をオススメします
5 - "5" by, に書かれています
良い。
5 - "6" by, に書かれています
ケースにビスが入っておらず空の場所があった。表記されている量が入っているのも怪しい。
3 - "7" by, に書かれています
問題なく使えてます
5 - "8" by, に書かれています
機種ごとのレビューの方が役に立つと思うので、・R6でのレビュー・α7でのビュー・EOS 5D2でのレビュー・α7Ⅱでのレビュー・ピントリングのベタベタ問題と言う感じで、見易く編集し直しておきました。追加部分以外は、見出しを追加した程度の違いで、ほとんど元のままです。 作動関係以外は、α7でのレビューが一番詳しいです。・R6にて いやーシングルAFしか使ってませんが、ビックリするほどAF速いです。その代りギュンギュンとラジコンのアクセルを吹かしたみたいなデカい音がします(爆)。正直レンズが壊れそうと思うんですが、今のところ問題ありませんw。精度も問題無し。 解像度もまあF3.5くらいまで絞れば周辺も何とかなりますし、真ん中は開放でもそれなりにいけるかな? チープそうな見掛けの割には持ち重りしますが、サイズなりの重さなので、持ち運びに困るという程のことは無いかと。標準ズームだと38センチ位までしか寄れなかったりするので、F2.8ズームより1段明るく使える面も含めて、お値段を考えると『まあ、買っとくか~』と手元に置いておく価値はあると思います。 レビューの追加に合わせて、折角なのでピントリングを青ビニールテープで巻いた写真を追加しておきました。詳しくは末尾の注意書きをご参照ください。赤のビニールテープでも、お洒落だと思いますよ(^-^)! 動作が良くなったので星4つにしようかなとも思ったのですが、ピントリングのベタベタ問題が致命的なので、やっぱり3つのままにしておきます。これが無ければ値段も考慮して、別に星5つ上げても良っかな~とも思うんですが。・α7にて 現物が届いた時、思ったよりは重くてビックリしました。外観は純正のEF50F1.8IIソックリですが、意外とずっしりしています。そのお陰か、パッと見物凄くチープな割にはがっしりした印象もなくはありません。もっとも、ピントリングが白っぽく変色気味なので、デザイン以上にチープ感が出て損してますが(硬質ゴム製と思われ)。 使用目的が『α7(初代)でAF出来ると嬉しいなー』だったので、EOSでのテストはしていませんが、α7+マウントアダプター使用の常でAF速度はゴミ級になってしまいますが、意外なことにピントは合うようです(○。○)!!正直これはラッキーでした(合わないレンズでは、とことん合わないので)。ただ、屋内では合っても屋外では合わないとかもたまにありますので、『蛍光灯光源下では合いました』と認識していただけますとより正確です。 MFでの使用は、使い易いとはあんまり言い難いですが、ピントリングのスムーズさを欠くレンズも多いことを考えれば、割とマシな方です。リングが引っ掛かりまくってもう止めて!!という、初期のAFズームみたいな現象は特に気になりませんでした(初代のEFの安レンズは酷くてね‥‥)。勿論ピントリングがもっと広ければもっと言うことはないのですが、AFでピントリングが回る形式なので、まあやむを得ない範囲かな、位の('-')。 描写の方ですが、傾向としては従来型の大口径単焦点レンズ型の、解放緩い目絞るとまともになっていくパターン。流石に最近の超高級レンズの様には行きませんね!ただ、タムロンの24-70F2.8VCと比べて1段分以上は明るいF値で程々の周辺画質で使える印象ですので、ボケ量稼ぎたい時に『金をドブに捨てた』と騒ぎ立てる必要はないかなと。まあ手振れ補正機能はありませんので、手振れ補正機能の無いボディー使ってる限りは暗所撮影での利益を期待出来るところまでは行きませんが(正直この点では、大抵のレンズでは大口径であることより手振れ補正のご利益の方が大きいです)。 という訳で、安い値段で、手持ちのズームより被写界震度の浅い写真が撮りたいという人にお勧め。1/3サイズドールでポートレートクラスの画面の割と端の方でも、F3.5まで絞ればギリギリレベル(本当に妥協込みでギリギリ)まで解像度が改善してきますし、F4.5まで絞ればキチンとした解像度になってきます。そりゃあまあ、サムヤンの35F1.4で同じF値まで絞り込めばF1.4レンズの方が画質が良くなりますが、1万円そこそこで程々軽量でそれなりに大口径レンズとして機能する上にAFまで使えるので、冗談で買う分にコストパフォーマンスは十分だと思います。 ただもし空気のように軽いレンズを期待して買う場合だけは、程々確りとした持ち重みを感じますので、そこだけご注意下さい。まあ、見掛けよりは重く感じるという程度の重さですが。 α7にアダプタ付けての使用なので星4つまで付ける気が起こりませんでしたが、コスパ込みなら普通に星4つでも奇怪しくないレベルだと思います。つか、Eマウント版も出してくれませんかねー('-')。 書き忘れてました。あくまでα7にアダプター入れてのお話ですが、何故かF2.2の時だけ画像が真っ黒になります。プレビューボタン押すと最小絞りまで絞り込んで戻らないバグがあるようで(レンズを付け直すと復帰)、どうもF2.2の時だけ通信がバグる様です(他のアダプターでも起こるかは不明。・EOS 5D2にて ついでにEOS5D2でもテストしてみましたが、こちらは動作は正常。AFノイズは盛大ですがスピードは良好な方かなと。ライブビューモードにすると5D2は軽く絞り込まれるのでピントは合わせ易いですが、解放ヘロヘロレンズの常で、通常のファインダー使ったMFにしてもAFにしても、ピント位置はズレるようです。・α7Ⅱにて α7IIを買ったので、このカメラでのレビューを追記します。アダプターはSIGNSTEKと書かれたもの(アマゾンの販売ページにはメーカー名表記されてませんね('-'))。 絞り問題は、起こりませんでした。AF速度は、パワー不足かデフォーカス量が大きい時は早くありませんが、動作が遅いのであってもたつく感じは思ったより少ないです。アダプターとα7IIの組み合わせの特徴か、ピンズレ状態からの合焦はクックッと多少唸ったとしても、ピントの合ってるところからの再ピント合わせは『クッ』で即ピントが合います。 ピント精度ですが、F3.5位で合わなくはないですが、カメラ側が他のものに引っ張られて、メインのお人形さんだと目にあわせるのはF4.5位要る感じ。ただそういう時でも大抵髪の毛にはバッチリピントが来ているので、ピント精度自体は問題無さそうです。一眼レフでは、どのカメラでも結局MFに移行しましたが、像面位相差の方がピントは当てになる感じですね!・ピントリングのベタベタ問題 とまあ機能的には結構許せる代物だと思うのですが、このレンズで最大のネガティブな要件に行き当たりましたorz。ピントリングが、シグマの初代ゼン仕様と同じ塗料で塗られていたらしく、落ちます。手が真っ黒になります。鬱陶しいことに、石鹸で洗ってもなかなか落ちません(-_-;)。 プラスチックのままで良いから、この塗装は止めろ!!って言うか、この塗料作ってるメーカー、お前等犯罪だから生産も販売も止めてくれ!!と言う勢い。 と言う訳で、ピントリングを取り敢えず可能な限り拭い、最後にセロテープでペタペタやってなるべく拭き取ってから、ビニールテープで巻きました。青いビニールテープで巻いたら、あら格好良い(笑)。正直直ぐにテープが剥がれてくるんではないかと心配しましたが、テンション掛けて張ったら案外大丈夫なようです。ビニールテープの糊自体が、経時劣化で溶け出してくる心配はありますが、こいつは張り直せるし。 テープで巻けなかったら、数ヶ月でゴミになる製品として星1つ(本当ゼロにしたい)にしたところですが、まあ対処策が見つかったのと、それでは機械としての能力を不当に伝える形になってしまうので、星3つのままにしておきます。本当は、星2つに下げるかかなり悩んだんですけどね('-')。 他の方は書かれてないようなので、ゴム塗装は一時的である可能性もありますね。買われる方は、問い合わせ欄を使って、メーカーに確認してから注文された方が良いと思います。 因みに青テープ巻いた状態で久し振りに見ると、ムッチャ格好良くって却って笑えます(笑)。ピントリングを着色するのが、流行ったりして('-')。
3 - "9" by, に書かれています
いい
3 -
プロフィール

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
ホーム